ロゴ
HOME>Column>臨床検査技師について学ぶ【学校選びのポイント】

臨床検査技師について学ぶ【学校選びのポイント】

男女

臨床検査技師の仕事内容

臨床検査技師は、医療の現場で、患者さんの検体検査や生理検査を行うことができます。医療の進歩により、今後ますます検査できる項目も増えていくと考えられています。具体的な検査内容は、患者さんの身体に異常がないか調べるために、血液検査や尿検査などを行います。また、医師と連携し、心電図を測定することもあります。様々な検査を行った結果、がん細胞を見つける場合もあります。患者さんの命に関わる検査のため、責任はとても重大です。しかし、その分やりがいを感じることもできる仕事です。臨床検査技師は、病院などで活躍している他に、人間ドックや研究室でも力を発揮しています。臨床検査技師は、医療スタッフとして、必要不可欠な存在といえます。

学生

学校を選ぶ際に押さえておきたいポイント

臨床検査技師になるためには、国家試験に合格する必要があります。そのため、臨床検査技師の合格率の高い学校を選ぶことをお勧めします。合格率が高い場合、受験対策に力を入れている場合が多いです。そのため、真面目に授業に取り組んでいれば、合格できる可能性は十分にあります。次に、実習内容が充実している学校を選ぶことも大切です。様々な実習に積極的に参加することで、学生のうちから、現場で役に立つ知識を身に付けることが可能です。最新の技術を学べる学校や、独自の実習カリキュラムを設けている学校も注目されています。その他に、就職のサポートに力を入れている学校も人気となっています。知識と技術を十分に学べ、就職までしっかりサポートしてくれる学校を選ぶことをお勧めします。