ロゴ
HOME>口コミ>先輩が教える臨床検査技師に向いている人の特徴

先輩が教える臨床検査技師に向いている人の特徴

女性

臨床検査技師になりたいけれど、どうすればいいのかわからないのなら、口コミを読んでみましょう。同じように臨床検査技師を目指している方や、夢を叶えた方の声を聞けば何をすべきか徐々に見えてくるはずです。

みんなの口コミ

勉強が好きな人は向いていると思います

臨床検査技師になる為に、難しそうな医療関係等の問題集や参考書を良く買った物です。中には値の張る代物もあるので、ネット通販を探しました。何回の受験が必要だと考えていたのですが、幸運にも一度目の受験で合格出来、安堵していたのは事実です。臨床検査技師は人命に関わる仕事というのは、書籍での学習で知ってはいましたが、実際の現場に直面すると字面上の説明では分からないシビアさを思い知らされました。緊急で検査の仕事が入る事も珍しくなく、夜勤シフトには若い男性なら積極的に入ると歓迎される上経験も積めます。更には結果的に手当ても付くので、嬉しいメリットです。しかし最も肝心な事は、自ら貪欲に知識を吸収していける人に向く世界だと言う事です。余裕があれば検査技師会等が主催する研修やセミナーも積極的に参加し、尚且つ自主的に学ぶ意欲がある人なら天職と言えるでしょう。
【20代|男性】

手先が器用で几帳面タイプの人!

高校時代の同窓会で友人が臨床検査技師として働いているのを知り、驚くのと同時に、どの様な仕事なのかを尋ねました。すると彼女は、女性で手先が器用というのは適正があると言うのです。何故なら仕事の性格上、病理標本等を作る必要があるけれども、現状では人間の手作業に依る所が大きいと言います。また整理整頓が好きで、あるべき物が正しい順番に並んでいないと気が済まないという性格も適正があると聞きました。しかし懸命に勉強して臨床検査技師の職を得た物の、実践の現場ではそのレベルの高さに驚かずにはいられませんでした。何故なら先輩の仕事を見せて貰いましたが、職人作業の様な指裁きとしか見えなかったからです。ですから遅くまで職場に残り、練習に練習を重ねる事もありました。しかしそのお陰で、上長の信頼を得る迄に至りました。プロフェッショナルの厳しさを学べたので、これから臨床検査技師を目指す女性がいたなら、自分が不器用だと考える前に諦めないでトライして欲しいと願うばかりです。
【20代|女性】